事故時の弁護士の対応

もし交通事故に、自分が巻き込まれた場合、相手方と様々な話し合いを行うこととなりますが、これはもちろん自分一人でも行うことができます。しかし、私達には限界があり、知らないことも多く、交渉という行為において不利になってしまうことがあります。こういった場合に、弁護士にその交渉や手続きを依頼することによって、より多くの賠償を可能とさせることができるかもしれません。

相手方、または保険会社との交渉も、弁護士に依頼することで、より正確に手続きしてくれます。私達だけでは限界があることも、弁護士であれば可能です。私達が必要以上に考えすぎて間違った子を行う心配もありません。

また、特に交渉が難しい場合があります。車と車における事故だけではなく、歩行者や自転車に乗っていた人との事故が発生する場合がありますので、そういった難しい場合にも弁護士なら正確に対応することができます。実際に、保険会社との交渉は弁護士が行った方が確実に良い、と言えるでしょう。事故には、いわゆる『程度』があり、より重度な被害を負った場合…例えば、事故によって後遺障害などを負ってしまった場合には、今後仕事が出来る状態なのか、出来ない状態なのか、介護が必要なのかそうでないか、という点も論点に上がってきます。