交通事故、対岸の火事?

事故、という言葉を聞くと、身震いがしてしまう方が少なくないでしょう。私達は日常生活の中においてなかなか自分の命までが危険になるような事故に遭遇すると言うことはあまりありませんし、それはあくまでテレビの向こうの話だというようになんとなく他人事として扱ってしまっていることがあるかもしれません。たしかにそれを経験していないうちは他人事と思ってしまっても仕方がないことかもしれませんが、実際にそれを経験してから実感するのでは、遅い場合が多いのです。

事態が悪化してしまってからそれについて反省することは、いわゆる『失敗から学ぶ』という言葉もありますが、失敗から発生する損失が非常に大きく、学ぶということすら許されない場合がありますので、できるだけ多大な損失を被るような結果を避けるような行動を取るということが私達には求められる場合があります。そのような事例として『交通事故』の事例があります。

自分の運転が上手であると豪語する方には、交通事故にまだ遭ったことがない方がほとんどでしょう。そもそも交通事故といっても、軽度な事故もそれに含まれますので、もしそういった事故を経験していてもそれを軽微なものとしてしか扱わず、その経験を、失敗を今後に生かすことも、忘れてしまっているかもしれません。交通事故について、過度に心配して固くなる必要はありません。しかし、そのリスクについて理解しておくことは、できるだけ悪い結果を回避するために準備することが含まれます。